logo

宮崎で地元の求人・転職を支援する会社です

宮崎で地元の求人・転職を支援する会社です

スポンサー求人特集

  1. リモートワークを当たり前に。在宅勤務をはじめてみませんか?
    【募集期間】2018年12月19日まで

    約520名のメンバーのうち9割がリモートワーク(在宅勤務)という働き方を実現している、株式会社キャスター。リモートワークの利点を活かし、アウトソーシング事業やHR事業、人材代行サービスなどを展開しています。今回は在宅で勤務できるコールアシスタント、在宅派遣スタッフ、オンラインアシスタント(オンライン秘書)の3職種を募集します。詳細はリンク先よりご確認ください。

    詳細を見る

ピックアップ

  1. 12月20日(木)学校説明会・Photoshop体験授業を開催
    Webのスキルを身につけて、転職の選択肢を広げませんか?

    インタークロスの職業訓練校で新しいコースの受講生を募集しています。Windowsを使用し、Web制作・グラフィックデザインやインターネット広告の業務に活かせるスキルを身につけることができます。学校説明会終了後に、Photoshopの操作とデザインの基本が学べる体験授業を実施します。

    詳細を見る

最新の求人情報

もっと見る

  1. 株式会社アービスホーム BESS宮崎展示場の求人

    わくわくするのは、お客様だけじゃない。作っている過程を間近で見れる、個性派住宅の現場管理を募集します

    ログハウスの現場管理・設計スタッフ

    詳細を見る

  2. まるさ住宅株式会社の求人

    「人生に関わる仕事に携わりたいと思った。」お客様の理想の住まいを探す仕事です

    不動産売買の営業スタッフ

    詳細を見る

  3. 株式会社ソラシドエアの求人

    「地域と世界を繋ぐグローバルエアライン」を目指して。ソラシドエアの中枢を担う経理・財務職を募集します

    経理・財務職(総合職)

    詳細を見る

最新の求人情報をもっと見る

新卒に関する情報

  1. 宮崎での就活を考えている学生のための、2019新卒採用情報

    多くの学生が首都圏で働くことに目を向けるなか、「地域を盛り上げたい」「地元に貢献したい」と、宮崎で働くことを選択する学生の動きも活発になっています。
    リンク先のページでは、宮崎で働き・暮らすことを選択した先輩が本音を語る記事や、新卒採用を積極的におこない社員の活躍に大きな期待を寄せる宮崎県内企業の情報を紹介。地方で働くことの面白みを知ることができます。

    詳細を見る

お知らせ

もっと見る

  1. 2018/11/30

    就活を控えた学生に向けて、先輩学生が就活のリアルを伝えるイベントを開催!

    2018年11月15日(木)インタークロスにて、学生を対象とした就活イベント「就活joy宮崎」が開催されました。当イベントはこれから就活を始める2020年卒の学生に向けて、大学4年生が自己の経験や就活ノウハウを伝えるイベントです。当日は県内外から学生が集まり、学校の垣根を越えた交流の場にもなりました。

    詳細を見る

  2. 2018/10/25

    トークイベント「わざわざの働きかたのお話 in 宮崎」が開催されました

    10月13日(土)インタークロスにて、株式会社わざわざ 代表取締役の平田はる香さんによるトークイベント「わざわざの働きかたのお話 in 宮崎」が開催されました。
    2009年に長野に店舗をオープンし、その後オンラインストアも始めた「わざわざ」。WebやSNSを通じて発信する商品への想いや経営に対する考え方は、ネットでも大きな話題になりました。平田さんから直接話を聞ける機会ということもあり、多くの方が参加しました。

    詳細を見る

「地方×はたらく」インタビュー

もっと見る

  1. 腕さえあればどこでも働ける

    小林市 食と農の魅力創生シェフ 地井潤さん

    小林市に彗星のごとく現れた地井潤さん。フランス、オーストリア、スイスの日本大使公邸料理人を歴任し、優秀公邸料理長として外務大臣表彰も受けている凄腕シェフです。世界を股にかけ活躍していた地井さん。昨年末に大阪から小林市へIターンをしました。きっかけは、小林市が出した「食と農の魅力創生ラボ」のシェフ募集記事でした。「これだけ良い食材があるならば、宮崎でも勝負できる...

    詳細を見る

  2. 「敷居は低く、理想は高く」。宮崎の文化が元気になることが私の生きがいです

    宮崎県立美術館 館長 飛田洋さん

    宮崎県立美術館館長の飛田洋さん。「美術館で待っちょるよ〜!」と館長自ら両手を広げて陽気に呼びかけるCMは宮崎県内でも話題となり、美術館の固いイメージを覆すきっかけとなりました。館内を歩き回って絵画を見つめる子どもに気さくに話しかけたり、「館長さん!」と声をかけられたり、作品と同じくらい飛田さん自身も美術館の人気者です。「敷居は低く、理想は高く」と宮崎や芸術文化...

    詳細を見る

採用担当の方はこちら

インタークロスには宮崎で働きたい20〜30代の転職希望者が集まっています。

Mail Magazine宮崎の求人情報をGET!

トップに戻る