logo

宮崎で地元の求人・転職を支援する会社です

宮崎で地元の求人・転職を支援する会社です

今だけの就職・転職情報

  1. スタートメンバーとして、新オフィスの開設や環境作りに携われる絶好の機会
    宮崎市・日南市で説明会を開催

    全国でコールセンター事業やコンテンツ事業を展開しているデジタルゲイト株式会社。日南市に新しいオフィスを立ち上げるため、7/20(金)・7/21(土)に説明会を開催します。説明会には各地域のスタッフやリーダー、人事担当者が参加し、座談会や匿名質問コーナーなどを予定しています。詳細はリンク先よりご確認ください。

    詳細を見る

  2. ドコモ子会社で一から「広告」を学べます。
    ドコモ「dメニュー」やアプリの広告に関われる仕事です

    NTTドコモと電通の共同出資によってドコモ子会社として誕生した株式会社D2C。宮崎オフィスは2017年6月に開設し、「dメニュー」の広告審査・進行管理業務やレポート作成業務、アプリに掲載される情報コンテンツの入稿設定・審査・進行管理業務をおこなっています。開設から1年を迎え業務が拡大傾向にあるため、審査スタッフとチームリーダー候補を募集します。会社・仕事内容が詳しく分かるように個別の見学会を開催します。詳細はリンク先よりご確認ください。

    詳細を見る

最新の求人情報

もっと見る

  1. 万代不動産株式会社の求人

    「チームで動くことを大切にし、お客様が求めるサービスを提供したい」今夏から新プランの提供を始めました

    賃貸物件の案内スタッフ

    詳細を見る

  2. 株式会社 アシストユウの求人

    東京・海外で認知度が高い宮崎の会社。業界に革命を起こす機器を開発して注目を集めています

    ITソリューション営業スタッフ(ルート営業)

    詳細を見る

  3. 株式会社 ビービーシーの求人

    宮崎で一番歴史が長いソフトバンクの販売代理店です。地域に寄り添った接客ができます

    受付・販売スタッフ

    詳細を見る

最新の求人情報をもっと見る

新卒に関する情報

  1. 宮崎での就活を考えている学生のための、2019新卒採用情報

    多くの学生が首都圏で働くことに目を向けるなか、「地域を盛り上げたい」「地元に貢献したい」と、宮崎で働くことを選択する学生の動きも活発になっています。
    リンク先のページでは、宮崎で働き・暮らすことを選択した先輩が本音を語る記事や、新卒採用を積極的におこない社員の活躍に大きな期待を寄せる宮崎県内企業の情報を紹介。地方で働くことの面白みを知ることができます。

    詳細を見る

お知らせ

もっと見る

  1. 2018/05/01

    就活生と宮崎の企業との交流イベント「2019卒 就活Cafe」を開催しました

    2018年4月19日(木)に就活生と宮崎の企業との交流イベント「2019卒 就活Cafe」を開催しました。
    同イベントはインタークロスにて開催され、就職活動をおこなっている学生27名、宮崎に事業所を構える企業5社が参加しました。
    イベントでは「働くこと」をテーマにしたグループワークや本音で語り合う座談会などをおこない、学生と企業がお互いのことを深く知り合う機会になりました。

    詳細を見る

  2. 2018/01/31

    「農業するなら宮崎!」就農相談フェア@東京の最終回は、知事も登壇されました。

    宮崎県は民間企業やNPOと連携し、昨年度から「アグリビジネススクール」と題した就農相談フェアを開催してきました。そして、昨年度から数えて24回目をむかえる今回がついに最終回。東京都内の会場には超満員の60名の参加者が集まり、1回目からの参加者の合計は約800名となりました。

    詳細を見る

「地方×はたらく」インタビュー

もっと見る

  1. 腕さえあればどこでも働ける

    小林市 食と農の魅力創生シェフ 地井潤さん

    小林市に彗星のごとく現れた地井潤さん。フランス、オーストリア、スイスの日本大使公邸料理人を歴任し、優秀公邸料理長として外務大臣表彰も受けている凄腕シェフです。世界を股にかけ活躍していた地井さん。昨年末に大阪から小林市へIターンをしました。きっかけは、小林市が出した「食と農の魅力創生ラボ」のシェフ募集記事でした。「これだけ良い食材があるならば、宮崎でも勝負できる...

    詳細を見る

  2. 「敷居は低く、理想は高く」。宮崎の文化が元気になることが私の生きがいです

    宮崎県立美術館 館長 飛田洋さん

    宮崎県立美術館館長の飛田洋さん。「美術館で待っちょるよ〜!」と館長自ら両手を広げて陽気に呼びかけるCMは宮崎県内でも話題となり、美術館の固いイメージを覆すきっかけとなりました。館内を歩き回って絵画を見つめる子どもに気さくに話しかけたり、「館長さん!」と声をかけられたり、作品と同じくらい飛田さん自身も美術館の人気者です。「敷居は低く、理想は高く」と宮崎や芸術文化...

    詳細を見る

採用担当の方はこちら

インタークロスには宮崎で働きたい20〜30代の転職希望者が集まっています。

Mail Magazine宮崎の求人情報をGET!

トップに戻る